商品検索
品番検索

会員登録がお済みのお客様

ログイン
会員登録でお得なポイントゲット 送料無料 紀州梅干しお試しセット 予算で選ぶ 塩分で選ぶ シーンで選ぶ
お買得セール商品 ぷらむ工房のご紹介 催事スケジュール メールマガジン登録
ご注文方法
●お電話でのご注文は フリーダイヤル0120392406 ●インターネットでのご注文は
各種梅作り体験
ぷらむ工房で梅干し、梅ジャム作りを体験しよう。
詳しくはこちら
営業日カレンダー
Calendar Loading
が通販定休日です。

TOP > ぷらむ工房とは > ぷらむ工房 のおはなし

ぷらむ工房 のおはなし

ぷらむ工房とは
ぷらむ工房 5つの精神
ぷらむ工房 はUMEマスター集団
ぷらむ工房 のECO対策
ぷらむ工房 のおはなし
弊社が商いを始めたのは明治39年にさかのぼります。
以来、梅に携わって約100年。親子三代にわたって受け継がれ、わが家の話は郷土絵本の題材にもなり、わかやま絵本の会から「わたしの家は梅農家」の題名で発売されました。
時代は移り変わっても、日々の健康を願う心は不変です。
ぷらむ工房では、いまでは梅干の代表品種となった南高梅とともに、「より自然のままで、より良いものだけをお届けしたい」をモットーに、さまざまなニーズにきめ細かくお応えしながら、全社員一丸となって、日々努力をかさねています。
これからも、受け継がれた技と伝統を守りながら、紀州梅の新たな味覚を追求し、従来製品とは一線を画し、環境に配慮した新製品の開発に取り組み続けます。

代表取締役社長 岩本 公作

*わかやま絵本の会 郷土絵本NO.37「わたしの家は梅農家」  http://www8.plala.or.jp/p-yume/waka-ehon/index.htm

会社概要

会社名 株式会社岩本食品
役員 代表取締役  岩本 公作
取締役  岩本 恵子
取締役  岩本 智良
取締役  川畑 拓也
所在地 〒645-0022
和歌山県日高郡みなべ町晩稲1187
電話番号 0739-74-2406
FAX番号 0739-74-3194
e-mail info@plumkoubou.co.jp
会社設立 平成2年
資本金 1,000万円
事業内容 梅干しの製造・販売、その他食品卸に関する一切の業務
カフェ、レストラン、飲食店の経営
取引銀行 紀陽銀行:南部支店
三菱東京UFJ銀行:田辺支店
社員数 40名
関連会社 有限会社ぷらむ庵 本社
〒615-0022
和歌山県日高郡みなべ町晩稲1229
電話番号 0739-74-2406
FAX番号 0739-74-3194
e-mail info@plumkoubou.co.jp
Cafe de manma
〒645-0004
和歌山県日高郡みなべ町埴田1590-40
電話番号 0739-72-2361 

沿革

明治39年(1906年) 「谷国」の屋号で三代目 岩本孫太夫が鍛冶屋を営む。
大正5年(1916年) 岩本孫太夫が谷国の屋号のまま梅干屋を創業。
昭和35年(1960年) 孫太夫の妻カツと四代目 岩本義一の妻ミサ子が、青梅を砂糖と赤紫蘇でくるんだ「三日月梅」を開発、発売開始。同年、社名を「谷国」から「岩本商店」に変更。
昭和41年(1966年) みなべ梅林協会が発足し、公式に観梅客誘致のため、みなべ梅林開園開始。
みなべ梅林内、香雲丘(コウウンキュウ)の売店、うぐいす茶屋で「三日月梅」が評判に。
昭和52年(1977年) 現・代表取締役 岩本公作が22歳で社長に就任。
昭和56年(1981年) 旧工場を新築。
昭和60年(1985年) 工場見学を、個人客やバスツアー対象に開始。
昭和63年(1988年) みなべ梅林内、香雲丘(コウウンキュウ)の売店「うぐいす茶屋」閉店。
平成2年(1990年) 法人化に伴い、社名を「株式会社岩本食品」と改称。
青梅狩りを始め、梅ジャム・梅ジュースなど、各体験企画を開始。
平成4年(1992年) 本社所在地の一角に、直営販売店「ぷらむ工房」を開店。
平成9年(1997年) 「南紀白浜とれとれ市場」内に、直営販売所を出店。
平成10年(1998年) 事業拡大に伴い、製造工場を新築。
平成15年(2003年) 東京都世田谷区尾山台に、直営販売店「ぷらむ庵」を開店。
平成18年(2006年) 青梅狩り体験に、大阪の中学修学旅行生200名を受け入れ。
平成19年(2007年) 中小企業としていち早く使用済み調味液の浄化システムを導入。
梅を使った菓子工房「ぷらむスイーツ」の製造販売を開始。
平成20年(2008年) 梅スイーツをメインとしたイタリアンカフェレストラン「カフェ ド マンマ」を、みなべ町埴田に開店。
平成21年(2009年) 和歌山県の「百年企業表彰」を受ける。